私はスキンケアに関してはかなり恵まれた環境にあると思います。 現在エステを経営している母は、私が小学生の時から化粧品のセールスレディをしていました。

笑顔の魔力!「女の子は笑顔が一番!」

2018/06/28

笑顔の魔力

「女の子は笑顔が一番!」と、よく言われます。

私もその意見には大賛成です。

近所にある大衆食堂のアルバイトの女の子のお話です。そこは好きなおかずを選んで、最後にご飯とお味噌汁を注文し、お会計をするというスタイルのお店なのですが、そこで働く20歳くらいの女の子が、ものすごくかわいかったのです!

ご飯をついでくれるときも、お会計をしてくれるときも、お客さんがいなくてじっと立っているときも、同僚と話すときも、ひたすら笑顔!笑顔!笑顔!

「私がタレントのスカウトなら、絶対彼女に声をかけるわ」と思いながら見ていました。笑顔美人はオトク そして一週間後、またそのお店に行きました。ところが今度はその女の子、ごく普通なのです。

仏頂面というわけではありませんが、周囲にパッと花を咲かせるような笑顔でもなく、淡々とした表情です。 「本当に同じ人なのかしら?」と思うほど、全く違って見えました。

「タレントにスカウトしたい」と思うほど惚れ込んだ容姿も、よく見ると地味なほうだったのです。

すべて「笑顔の魔力」だったんですね。 一度目に見たときがたまたまごきげんな日で、笑顔の花を咲かせていただけなのか、それとも二度目に見たときにたまたま疲れていて、笑顔も出なかっただけなのか、どちらが本当の彼女なのかはわかりません。

しかし、私としては「笑顔の絶えない」彼女がいつもの彼女であって欲しいなと願います。だって、割烹着と三角巾という姿で、あそこまで輝けるのですから。

香水バラの香水

ローズの香りみなさんは毎日、決まった香水を身につけていますか?

それともその日の気分によって変えられますか? 私はここ5年くらい、ずっと「クラブツリー&イヴリン」の「イヴリンローズ」という香水を使っています。

この香水にめぐりあうまでは、デパートの香水売り場などで手に入る各ブランドの香水をいろいろ試してみましたが、なかなか「毎日つけたい」と思うような香りにはめぐりあえなかったのです。

そしてようやく、デパートのエスカレーターのそばにある「ハウス・オブ・ローゼ」にふらっと立ち寄り、イヴリンローズに出会ったのです。その日は香水のサンプルを手首にシュッとつけて帰ったのですが、お風呂に入るまでの間、ずっとその香りにうっとり。

一ヵ月後にまたそのデパートへ行く機会があり、迷わず購入!

結局、それまでに使っていた香水数種類は、もう「つけたい」と思わなくなり、友人たちにプレゼントすることに。以降はそのデパートで買い足したり、ロンドンのクラブツリー&イヴリン本店でも買ったりして、今はイヴリンローズも7本目くらいかな?

バラの上品な香りで、強すぎることもなく、初めて会う人には「なんだか、バラのいい匂いがする」と好評ですし、たまに会う友人などは「この前バラの入浴剤使ったら、かなこちゃんを思い出して」と、インプットされているようです

。 ただ、この「イヴリンローズ」は私の住む県内では「ハウス・オブ・ローゼ」にしか売られていないので、年に数回しか行かないデパートへ出向く時にしか買えないのが難点。でも、そういうところがまた「イヴリンローズ」という香水に価値を持たせてくれるのかもしれませんね(笑)。